いろいろな相談に関すること

日常生活自立支援

高齢者や障がいのある方が、住み慣れた地域で安心して自立した生活が送れるように、福祉サービスの利用などに関わる相談やお手伝い(援助)や金銭管理等を行い、その生活を支援します。

対象となる方

認知症の高齢者、知的障碍者、精神障がい者、精神障がい者などの理由で判断能力が十分でないため、日常生活での福祉サービスの利用や金銭管理などがうまくできない方。

主な援助の内容
福祉サービスの利用援助 福祉サービス申込の手続きの代行・同行・契約締結、福祉サービスの実施の確認、安否のための見守りなどを行います。
金銭管理サービス 利用者に代わって、一定額の預貯金の出し入れ、公共料金、家賃の支払い、福祉サービス等の利用料金の支払い、年金手当などの受領確認を行います。
書類等預かりサービス 預金通帳、権利証賞、保険証書、実印、銀行印等の書類などを安全に預かります。
相談の具体的な例
  • 福祉サービスの利用手続きや介護保険の申請援助などをしてほしい。
  • 一人暮らしの生活や将来の生活に不安がある。
  • 通帳や印鑑の保管に不安がある。
  • お金の出し入れなど、日常的な金銭の管理に不安がある。

詳しくは長野県社会福祉協議会のホームページをご覧ください。

 

Copyright (C)  飯島町社会福祉協議会  All Rights Reserverd.